Minstrel of Rainy Forest

Minstrel

移ろい行く夏の残像・・・ある吟遊詩人が綴った風の詩集。



1. 少年Real_col_Sound.gif
2. Forest In September
3. 風のアトリエ
4. 風になれたら・・・
5. 吟遊詩人の恋Doticon_red_Pen.gif
6. 永遠の夏
7. Summer has gone



2001/9/8 Release : AHM010908/\2,000(税込)

Doticon_red_Pen.gifマークの付いている曲は直筆楽譜のご用意がございます(1部\500)。
Real_col_Disk.gifアルバム及び楽譜のご購入は、〒、ご住所、氏名、ご希望タイトル、枚数をお書き添えの上、メールLinkIconにて…


夏が次第に後ろ姿を見せ始め、初秋の気配を漂わせる頃。ふと、ひとりで旅に出てみたくなります。行き先も決めず風の吹くまま、想いのまま。旅人は皆どこか吟遊詩人のようです。移ろい行く季節に叙情を感じたり、訪れるそれぞれの町の匂いを感じたり。そんな旅の中で逝く夏にせつなさを想い、歌(詩)を思うのでしょう。旅先で想う横顔は誰の横顔ですか?風の中、歌を届けたい人は誰ですか?初秋の情感たっぷりに風の詩集を綴りました。